ACHIEVEMENTS

PAPERS

Corresponding author

English

2. T., Ando, K., Sawada, K., Okano, R., Takashima, H., Nishi (2017): Marine primary producer community during the mid-Cretaceous oceanic anoxic events (OAEs) 1a, 1b and 1d in the Vocontian Basin (SE France) evaluated from triaromatic steroids in sediments, Organic Geochemistry, 106, 13-24.

1. T., Ando, K., Sawada, H., Nakamura, K., Omatsu, R., Takashima, H., Nishi (2017): Depositional environments and maturity evaluated by biomarker analyses of the sediments deposited across the Cenomanian-Turonian boundary in the Yezo Group, Tomamae area, Hokkaido, Japan., Island arc, 26.

Japanese

3. 安藤卓人, 沢田健 (2017):三芳香環ステロイドの同定:安藤・沢田(2012)「堆積岩中におけるA環メチルステロイド (ステランおよび三芳香環ステラン) のGC/MS解析」の再検討, Researches in Organic Geochemistry, 33, 29-35.

2. 安藤卓人, 新村龍也, 沢田健 (2014): 足寄産、漸新世鯨類椎骨化石の脂肪酸分析~骨化石中の脂肪酸の起源と保存機構. 足寄動物化石博物館紀要, 7, 3-10. 

1. 安藤卓人, 沢田健 (2012): 堆積岩中におけるA環メチルステロイド(ステランおよび三芳香環ステラン)のGC/MS解析. Researches in Organic Geochemistry, 28, 31-41.

Co-author

English

2. S., Clemens, W., Kuhnt, L., LeVay, and the Expedition 353 Scientists (2016): Proceedings of the International Ocean Discovery Program Expedition 353 Preliminary Report, Volume 353 Indian Monsoon Rainfall

1. S., Clemens, W., Kuhnt, L., LeVay, and the Expedition 353 Scientists (2015): International Ocean Discovery Program Expedition 353 Preliminary Report, Indian Monsoon Rainfall

Japanese

1. 舘下雄輝, 沢田健, 安藤卓人, 池田昌之 (2016): 堆積岩中のカロタンおよびその派生物のGC/MS解析, Researches in Organic Geochemistry, 32, 55-66.


PRESENTATIONS

ORAL

English

8. Takuto Ando, Ken Sawada: Paleoecological variations in marine producers of the Andaman Sea during the late Miocene reconstructed by algal biomarkers in sediments from site U1447 (Exp. 353), JpGU 2018, Makuhari Messe (Chiba, Japan), May 20-24, 2018.

7. Takuto Ando, Yoshinori Iizuka, Hiroshi Ohno, Shin Sugiyama: Composition of salt inclusions in the southern Greenland (SE-Dome) ice core analyzed by micro-Raman spectroscopy, Fifthe International Symposium of Arctic Research (ISAR-5), Hitotsubashi Hall (Tokyo, Japan), January 15-18, 2018.

6. Takuto Ando, Ken Sawada: Variations in marine producers in the Andaman SEa during the late Miocene reconstructed by algal biomarkers in sediments from site U1447, IODP exp.353 2nd Post-cruise Meeting, Indian Institute of Science (Bangalore, India),  November 6-8, 2017.

5. Takuto Ando, Ken Sawada, Kazuki Okano, Reishi Takashima, Hiroshi Nishi: Monoaromatic lycopanoids and their distinctive derivatives in sediments deposited during the mid-Cretaceous Oceanic Anoxic Event (OAE) 1b, Biomarkers and Molecular Isotopes: International Workshop of Organic Geochemistry, Minoo Kanko Hotel (Osaka, Japan), July 4 and 5, 2016.

4. Takuto Ando, Ken Sawada, Hideto Nakamura, Reishi Takashima, Hiroshi Nishi: Marine ecosystem across the Cenomanian-Turonian boundary reconstructed by biomarker analysis, Goldschmidt 2016,  Pacifico Yokohama (Yokohama, Japan), June 26-July 1, 2016.

3. Takuto Ando, Ken Sawada, Reishi Takashima, Hiroshi Nishi: Primary producer community during the mid-Cretaceous oceanic anoxic events (OAEs)   evaluated from algal biomarkers in sediments deposited in the Vocontian Basin, SE France., The 2nd International Conference of IGCP 608, Waseda Unversity, September 4-6, 2014.

2. Takuto Ando, Ken Sawada, Reishi Takashima, Hiroshi Nishi: Contribution of dinoflagellate and coccolithophorid for primary production evaluated using steroid biomarkers in sediments deposited near the Cenomanian / Turonian boundary (CTB) in the Yezo Group, Hokkaido, Japan., Asia Oceania Geosciences Society (AOGS) 11th Annual Meeting, Royton Sapporo Hotel, Sapporo, July 28-August 1, 2014.

1. Takuto Ando, Ken Sawada, Reishi Takashima, Hiroshi Nishi: Variations in primary production of cyanobacteria, dinoflagellate and coccolithophorid reconstructed by biomarkers analyses of the mid-Cretaceous Oceanic Anoxic Events (OAEs) sediments in the Vocontian Basin, SE France., Bremen University, National Taiwan University, Vietnam National University Hanoi University of Science and Hokkaido University Joint Workshop Recent developments in Paleo-environmental studies', Hokkaido University (Sapporo, Japan), February 14-16, 2014.

Japanese

20. 安藤卓人, 飯塚芳徳, 大野浩, 杉山慎:南東グリーンランドにおける過去60年間の春季エアロゾル組成の復元,日本地球惑星科学連合2018年大会, 幕張, 2018年5月20-24日

19. 安藤卓人, 飯塚芳徳, 大野浩, 杉山慎:塩微粒子のラマン分光分析による南東グリーンランドにおける過去 60年間のエアロゾル組成変動の復元., 日本地球化学会第64回年会, 東京工業大学大岡山キャンパス, 2017年9月13-15日.

18. 安藤卓人, 沢田健:バイオマーカーに記録されたインド洋アンダマン海における後期中新世の海洋生物生産変動, 日本古生物学会2017年例会, 早稲田大学, 2017年1月27-29日.

17. 安藤卓人, 沢田健, 高嶋礼詩, 西弘嗣:中期白亜紀海洋無酸素事変OAE2における渦鞭毛藻による赤潮発生の検討, 日本地球惑星科学連合2016年大会, 幕張, 2016年5月22-26日.

16. 安藤卓人, 沢田健, 高嶋礼詩, 西弘嗣:堆積岩中の芳香族ステロイド組成を用いた海洋基礎生産者の復元., 日本地球化学会第62回年会, 横浜国立大学, 2015年9月16-18日.

15. 安藤卓人, 沢田健, 高嶋礼詩,西弘嗣:白亜系海洋無酸素事変層準の堆積岩中に見出されるアクリタークの起源生物と白亜紀海洋における基礎生産への寄与., 日本地質学会第122年学術大会, 信州大学長野キャンパス, 2015年9月11-13日.

14. 安藤卓人, 沢田健, 中村英人, 宮田遊磨, 尾松圭太, 高嶋礼詩, 西 弘嗣:北海道蝦夷層群Cenomanian/Turonian境界堆積岩の有機地球化学指標に記録された海洋の酸化還元環境変動., 日本地質学会第122年学術大会, 信州大学長野キャンパス, 2015年9月11-13日.

13. 安藤卓人, 沢田健, 高嶋礼詩, 西弘嗣:白亜紀海洋無酸素事変時の海洋基礎生産者: バイオマーカーおよび有機質微化石の証拠., 第33回有機地球化学シンポジウム, 北海道大学・低温研, 2015年8月5-7日.

12. 安藤卓人, 沢田健, 高嶋礼詩, 西弘嗣:中期白亜紀海洋無酸素事変時の主な海洋基礎生産者は何か?:海成ケロジェンからの証拠, 日本地球惑星科学連合2015年大会, 幕張, 2015年5月24-28日.

11. 安藤卓人, 沢田健, 高嶋礼詩, 西弘嗣:白亜系堆積岩から検出されるトコフェロール: 新しい古環境指標の可能性., 第32回有機地球化学シンポジウム, ニューウェルシティ湯河原, 2014年11月5-7日.

10. 安藤卓人, 沢田健, 高嶋礼詩, 西弘嗣:南東フランスおよび北海道の白亜系Cenomanian /Turonian境界層の低熟成堆積岩に見られるトコフェロール組成の多様性., 日本地球化学会第61回年会, 富山大学, 2014年9月16-18日.

9. 安藤卓人, 中村英人, 沢田健, 高嶋礼詩:北海道苫前地域に分布する蝦夷層群Cenomanian/Turonian境界堆積岩の有機地球化学分析による堆積環境・海洋生産変動の復元., 日本地質学会第121年学術大会, 鹿児島大学, 2014年9月13-15日.

8. 安藤卓人, 沢田健, 高嶋礼詩, 西弘嗣:南東フランス,白亜系海洋無酸素事変層準の黒色頁岩のパリノモルフ分析―海洋基礎生産者に注目して., 日本地質学会第121年学術大会, 鹿児島大学, 2014年9月13-15日.

7. 安藤卓人, 沢田健, 西弘嗣, 高嶋礼詩: 南東フランス白亜系海洋無酸素事変1b 層準の堆積岩中のアリルイソプレノイドからみた海洋生態系変動., 日本地球化学会第60回年会, 筑波大学, 2013年9月11-13日.

6. 安藤卓人, 沢田健, 西弘嗣, 高嶋礼詩: 南フランス・白亜紀海洋無酸素事変(OAE)1b層準の堆積岩中における特殊なアリルイソプレノイドの同定とその起源の推定., 第31回有機地球化学シンポジウム, 倉敷市芸文館, 2013年8月19-20日.

5. 安藤卓人, 沢田健, 西弘嗣, 高嶋礼詩: 南フランス,ボコンティアン堆積盆における白亜紀海洋無酸素事変(OAE)2 時の海洋生態系変動の復元.,  日本地球化学会第59回年会, 九州大学, 2012年9月11-13日.

4. 安藤卓人, 沢田健, 西弘嗣, 高嶋礼詩: ステロイドバイオマーカーを用いた中期白亜紀海洋無酸素事変時の渦鞭毛藻生産の復元., 日本古生物学会2012年年会, 名古屋大学, 2012年6月29日-7月1日.

3. 安藤卓人, 沢田健, 岡野和貴, 小刀禰宅朗, 横山龍, 西弘嗣, 高嶋礼詩: 中期白亜紀海洋無酸素事変(OAE)層準における堆積岩のケロジェン分析:陸源有機物輸送の評価., 日本堆積学会2012年札幌大会, 北海道大学, 2012年6月15-18日.

2. 安藤卓人, 沢田健, 岡野和貴, 西弘嗣, 高嶋礼詩:南東フランス・ボコンチアン堆積盆における中期白亜紀海洋無酸素事変1b 時の海洋基礎生産の増大と有光層ユーキシニアの発達?, 日本地球惑星科学連合2012年大会, 幕張, 2012年5月20-25日.

1. 安藤卓人, 沢田健, 岡野和貴, 西弘嗣, 高嶋礼詩:中期白亜紀海洋無酸素事変における渦鞭毛藻の海洋基礎生産への寄与 -芳香族ジノステロイドによる評価, 日本地球化学会第58回年会, 北海道大学, 2011年9月14-16日.

POSTER

English

6. Takuto Ando, Yoshinori Iizuka, Hiroshi Ohno, Shin Sugiyama: Evaluation of aerosol composition changes in the last 60 years around southeastern Greenland by analyzing micro-inclusions in the SE-Dome ice core using Raman spectroscopy, 2017 AGU Fall Meeting, NewOrleans (USA), December 11-15, 2017. 

5. Takuto Ando, Ken Sawada, Kazuki Okano, Reishi Takashima, Hiroshi Nishi: Distinctive marine ecosystem during the Cretaceous Oceanic Anoxic Event 1b revealed from aryl isoprenoids in sediments from the Vocontian Basin, SE France., Goldschmidt 2015, Prague Congress Centre (Prague, Czech Republic), August 16-21, 2015.

4. Takuto Ando, Ken Sawada, Shuuji Ogata, Reishi Takashima, Hiroshi Nishi, Kunio Kaiho: Fluorescence property of Paleozoic and Mesozoic acritarchs: diagenetic and taxonomic variability., The International Biogeoscience Conference 2013, Nagoya University (Nagoya, Japan), November 1-3, 2013.

3. Takuto Ando, Ken Sawada, Reishi Takashima, Hiroshi Nishi: Paleoproductivity of dinoflagellate and cyanobacteria during the mid-Cretaceous Oceanic Anoxic Events in the Vocontian Basin, SE France., The 26th International Meeting of Organic Geochemistry, Costa Adeje (Tenerife, Spain), September 15-20, 2013.

2. Takuto Ando, Ken Sawada, Hiroshi Nishi, Reishi Takashima: Paleoenvironmental  variations recorded by marine algal and terrestrial plant biomarkers in black shales deposited during the mid-Cretaceous Oceanic Anoxic Event 1b in the Vocontian Basin, SE France., The 25th International Meeting of Organic Geochemistry, Interlaken (Switzerland), September 18-23, 2011.

1. Takuto Ando, Ken Sawada, Kazuki Okano, Hiroshi Nishi, Reishi Takashima: Enhanced primary productivity triggered by excess terrestrial input in the mid-Cretaceous Oceanic Anoxic Event 1b (the Paquier) in the Vocontian basin, SE France., The 2nd Annual Symposium of IGCP 581, Hokkaido University,  June 11-14, 2011.

Japanese

3. 安藤卓人, 沢田健:藻類バイオマーカーを用いたインド洋アンダマン海における後期中新世の海洋基礎生産者の復元., 日本地球化学会第64回年会, 東京工業大学大岡山キャンパス, 2017年9月13-15日.

2. 安藤卓人, 沢田健, 岡野和貴, 小刀禰宅朗, 高嶋礼詩, 西弘嗣: 白亜系海洋無酸素事変層準の堆積岩のケロジェン分析:有機物相および有機質微化石の特徴., 日本地球惑星科学連合2013年大会, 幕張, 2013年5月19-24日.

1. 安藤卓人, 沢田健, 岡野和貴, 西弘嗣, 高嶋礼詩:ボコンチアン堆積盆における白亜紀海洋無酸素事変1b パキール層準堆積岩のマルチバイオマーカー分析:古海洋環境変動の復元. 日本地球惑星科学連合2011年大会, 幕張, 2011年5月22-27日.


OTHERS

3. 安藤卓人 乗船体験記:IODP Exp. 353 「Indeian monsoon rainfall」の思い出, 2016年度 地球惑星科学 学生と若手の会,2016年 11月12日-13日,レクチャーノート 

2. 安藤卓人, 安藤寿男:学協会・研究会報告 IGCP「白亜紀アジア―西太平洋地域の生態系システムと環境変動」第2回国際シンポジウム(東京・早稲田大学), 地質学会News 2014年 10月号.

1. 安藤卓人:IMOG 2011 報告2 ―有機地球化学の最先端―,有機地球化学会 News letter No.54.